All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2014'06.04 (Wed)

ゴンくんの続き☆



こんにちは    のあわんです




昨日、愛犬ノアのお散歩の時に幼稚園付近を散歩しました。

娘や息子も通った懐かしい幼稚園です。


我が家からは結構近いのですが、いつものノアのお散歩コースは

土手なのであまり幼稚園付近を歩くこともありません。



幼稚園はぐるりとフェンスに囲まれているのですが

そのフェンスに園児たちが考えたあいさつの標語が飾ってありました。



「 あいさつすると  なんだかこころが  あったかい」



う~ん、すばらしい   幼稚園児さんなのにこころがあったかいなんて

そんな表現ができるなんて(●^o^●)




「おはようと きょうもげんきに ごあいさつ」



子どもらしい素直な標語だなぁ(^u^)



飾ってある標語に目を通しながら感心して散歩していると

すごく目をひく標語を発見



「あいさつを  しろというなら パパがしろ!」




そうだ・・・  これこそ子どもの率直な意見なのかも・・・



偉そうに言う前に我が身を振り返ってみなさいよ!!という

子どもからの戒めの標語のようですよね。


挨拶は基本中の基本ですもんね!

まずは大人がお手本を ですね。








さてさて、オーダーのゴンくんですが体をつけました。



    

      Dsc02370




     



      Dsc02371





足がないと頭が重くて全然立ちませーん



なので頑張って足までつけました。




      



    Dsc02372



後ろ足だけですが、なんとか立ちました。


頭に重心があるのでまだ少し不安定ですが

前足をつければいい感じになると思います



お座りで上を見上げています。

ゴンくんが口を開けているのには理由があります(●^o^●)



明日もゴンくんの続きです☆











 


 






            のあわん はブログランキングに参加しています♪



 ポチッ と応援いただけたら励みになります~(>^^<



                   ⇓⇓⇓ クリックしてね ⇓⇓⇓



                   にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
                     にほんブログ村




  のあわん はブログランキングに参加しています♪

 ポチッ と応援いただけたら励みになります~(>^^<

⇓⇓⇓ クリックしてね ⇓⇓⇓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
08:25  |  オーダー  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

No title

のあわんさん、おはよーございます!
(ちゃんと挨拶してみました!)

挨拶はされて嫌な感じはしませんもんねぇ♪
どんどんしたほうがいいと思うのですが
朝水遣りをしているときに、高校生ぐらいの子が
家の前を何人か通るんですが
このくらいの年齢の子って「うざっ」とか
思われそうで、いつも悩んでしまいます(笑)

音楽聴いてる子も多いしなぁ(-_-;

そして真っ黒ゴンちゃん!
かわいい(*´ェ`*)
ゴンちゃんと言えばあのCMを思い出してしまう私・・・

やっぱりお口が開いているのは・・

ホネッ○た~べ~て~?
tama | 2014年06月04日(水) 10:12 | URL | コメント編集

No title

♪tamaさんへ♪


あっ、tamaさんは偉いですねぇ~(^u^)
挨拶は大事ですよね。
確かに中・高生にはなかなか挨拶しにくいですよね。
犬の散歩をしているといろんな人と顔をあわせるので、挨拶するように心がけていますが、やっぱり無視していく人もいます。
大人になっても挨拶できないと、ちょっと残念な人だな~って思います。

本物ゴンちゃんはなかなか愛嬌があるお顔なんですよ♪
骨っこ食べさせちゃおうかな~(@^^)
のあわん | 2014年06月04日(水) 22:50 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noawan.blog.fc2.com/tb.php/687-66e03a93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |