All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'07.04 (Tue)

お兄ちゃん完成

こんにちは    のあわんです






5月のカレンダー用羊毛っこの制作を頑張っておりますが

今日はヤギのお兄ちゃん、完成しました








昨日UPしたお兄ちゃんに手足がつくとこんなふうになります  ⇓








     DSC_3881.jpg











     DSC_3882.jpg







お兄ちゃんヤギさんもなかなかの足の短さです






後ろ姿です  ⇓





     DSC_3883.jpg









お兄ちゃんはお母さんに何かしているところです。




何をしているところかは、今はまだナイショです(^u^)














   ***  KOTODAMA ***


~自費出版本 マコの足跡より~






以前このコーナーで書いたと思うのですが

姉が積極的に絵や文を書きだしたのは

亡くなる一ヵ月ぐらい前からです。





癌が全身に転移して、もうほどこすことのできる治療がなくなってからは

姉はホスピス病棟で毎日を過ごしました。




手以外の体の自由はほとんどきかず、

病院のベッドの上で一日を過ごす日々です。



思考能力はしっかりしているのに

日に日に体の自由がきかなくなっていくことは

どんなに恐怖で絶望的なものかと今考えても心が震えます。




そんなどん底の気持ちをかかえながら描く絵や文は

意外にも穏やかだったり、時にはその時の感情のままに荒々しかったり

そしてとても切なかったりします。





今日は自費出版本の中からいくつか紹介しようと思います。






     DSC_3888.jpg





毎日点滴につながれた自分の姿を姉は

つながれた犬みたいだと表現しています。



せめて部屋に迷い込んだトンボだけは逃がしてやろうかな・・・

というその時の自分の気持ちを絵にしたようです。








     DSC_3891.jpg




この絵には『ちび猫りん』という題名がついていて

昔、うちにいた小猫がモデルです。

ジグソーパズルみたいにかわいく描きたかったけど

むずかしい。

ガーデニングセットと一緒がかわいかったかな

という添え書きの文もあります。




少し心穏やかな時は

昔懐かし頃の記憶や想い出をもとに筆をはしらせることもありました。







     DSC_3895.jpg







こちらは病床での最後の絵になります。

実家に咲いていたスイートピーです。



亡くなる一週間前、震える手で書きあげたものです。





紫色のスイートピーを描いたこの絵にはこんな文が添えられて

いました。




はなやかな花の色が多いスイートピィだけど

むらさきのスイートピィだけは

ちょっぴりちがった顔

夕暮れの時の、あの雲の色

だんだん暗くなって、お家に帰らなきゃあならない

あの雲の色

あのさびし気な心の色

あしたは、元気な空の色になってね。

あーした天気になーあれ





姉はどんな気持ちでこの絵を文を描いたのでしょう。


今も毎年実家では5月になると色鮮やかなスイートピーが

花を咲かせます。












今日の誕生石はスターダイオプサイド    石言葉は幸運への道しるべ



  のあわん はブログランキングに参加しています♪

 ポチッ と応援いただけたら励みになります~(>^^<

⇓⇓⇓ クリックしてね ⇓⇓⇓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
09:31  |  その他  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME |